枚方市近隣エリアの歯医者さんを徹底リサーチ!

HOME » 【目的別】枚方市エリアのおすすめ歯医者さん » 矯正歯科って何?その特徴や対象となる歯の状態

矯正歯科って何?その特徴や対象となる歯の状態

矯正歯科とは何か

矯正歯科とは、乱れた歯並びや噛み合わせをキレイに整える治療に特化した歯科医院、もしくは歯科治療のことです。一般歯科では歯を削って差し歯にする治療がおこなわれますが、矯正歯科ではそうした治療を用いることは原則ありません。矯正歯科では、専用の矯正器具を使い、数年単位でじっくり歯や顎の骨に力を加えて歯並びを整えていきます。

参考:「矯正歯科について」公益社団法人日本矯正歯科学会

矯正歯科に行かず、悪い歯並びをそのまま放置しておくデメリット

矯正歯科に行かず、そのまま放置しておくと、以下のようなデメリット・リスクがあります。

虫歯・歯周病になりやすい

歯並びが悪いと、それだけ歯磨きをしにくく歯垢や歯石が溜まりやすくなります。歯垢や歯石は虫歯や歯周病の原因なので、それだけ虫歯や歯周病になるリスクが高まってしまうといえるでしょう。また、歯垢や歯石が溜まりやすいということは、口臭がきつくなる可能性も高いということです。

顎や歯に余計な負担がかかる

噛み合わせが悪いと余計な負担が歯や歯茎、顎の骨にかかってしまいます。顎や歯に余計な負担がかかると、その分歯全体の寿命が縮んでしまったり、痛みが発生したりしてしまうので気をつけてください。

人によってはコンプレックスになる

歯並びが悪いと、人によっては「笑うときに恥ずかしい」といった風にコンプレックスになることもあります。

参考:「矯正歯科治療について」公益社団法人日本臨床矯正歯科医界

矯正歯科の対象となる歯の状態について

矯正歯科では、以下のような歯の状態を対象に治療をおこなっています。

出っ歯

上の前歯もしくは上の歯全体が通常よりもかなり前に出ている状態です。下顎が小さい人も出っ歯になりやすい傾向にあります。

受け口

出っ歯とは逆に下の前歯もしくは下の歯全体が上の歯よりも前に出ている状態です。噛み合わせが悪いだけでなく滑舌も悪くなってしまう傾向にあります。

八重歯・乱杭歯

歯が入り乱れてでこぼこになっている状態です。この状態の人はキレイな歯並びの人に比べて歯磨きがしにくくなるので、その分虫歯や歯周病のリスクが高まります。

開校

歯と歯の間に隙間ができ、うまく噛み合っていない状態です。滑舌が悪くなったり、食べ物をうまく噛みきれなかったりする傾向にあります。

矯正歯科でおこなわれている代表的な治療法

矯正歯科には以下のような治療法があります。

ブラケット

もっともオーソドックスな方法で、歯と歯をワイヤーで固定して力を加え矯正していきます。金属製のものから、透明なもの、歯の下側だけにつけて目立たなくするものなど、さまざまなタイプがあります。

マウスピース

歯の移動距離が短い場合や、歯並びがそこまで悪くないときに使用されます。マウスピース型の矯正装置をつけて治療をおこないます。

リテーナー

矯正治療が終わった後に、歯が元通りになってしまうのを防ぐために用いられる治療法です。マウスピースと同じような取り外し式の矯正器具を使います。

PAGE TOP