枚方市近隣エリアの歯医者さんを徹底リサーチ!

HOME » 【目的別】枚方市エリアのおすすめ歯医者さん » 矯正歯科って何?その特徴や対象となる歯の状態

矯正歯科って何?その特徴や対象となる歯の状態

矯正歯科とは何か

矯正歯科とは、乱れた歯並びや噛み合わせをキレイに整える治療に特化した歯科医院、もしくは歯科治療のことです。一般歯科では歯を削って差し歯にする治療がおこなわれますが、矯正歯科ではそうした治療を用いることは原則ありません。矯正歯科では、専用の矯正器具を使い、数年単位でじっくり歯や顎の骨に力を加えて歯並びを整えていきます。

参考:「矯正歯科について」公益社団法人日本矯正歯科学会

矯正歯科に行かず、悪い歯並びをそのまま放置しておくデメリット

矯正歯科に行かず、そのまま放置しておくと、以下のようなデメリット・リスクがあります。

虫歯・歯周病になりやすい

歯並びが悪いと、それだけ歯磨きをしにくく歯垢や歯石が溜まりやすくなります。歯垢や歯石は虫歯や歯周病の原因なので、それだけ虫歯や歯周病になるリスクが高まってしまうといえるでしょう。また、歯垢や歯石が溜まりやすいということは、口臭がきつくなる可能性も高いということです。

顎や歯に余計な負担がかかる

噛み合わせが悪いと余計な負担が歯や歯茎、顎の骨にかかってしまいます。顎や歯に余計な負担がかかると、その分歯全体の寿命が縮んでしまったり、痛みが発生したりしてしまうので気をつけてください。

人によってはコンプレックスになる

歯並びが悪いと、人によっては「笑うときに恥ずかしい」といった風にコンプレックスになることもあります。

参考:「矯正歯科治療について」公益社団法人日本臨床矯正歯科医界

矯正歯科の対象となる歯の状態について

矯正歯科では、以下のような歯の状態を対象に治療をおこなっています。

出っ歯

上の前歯もしくは上の歯全体が通常よりもかなり前に出ている状態です。下顎が小さい人も出っ歯になりやすい傾向にあります。

受け口

出っ歯とは逆に下の前歯もしくは下の歯全体が上の歯よりも前に出ている状態です。噛み合わせが悪いだけでなく滑舌も悪くなってしまう傾向にあります。

八重歯・乱杭歯

歯が入り乱れてでこぼこになっている状態です。この状態の人はキレイな歯並びの人に比べて歯磨きがしにくくなるので、その分虫歯や歯周病のリスクが高まります。

開校

歯と歯の間に隙間ができ、うまく噛み合っていない状態です。滑舌が悪くなったり、食べ物をうまく噛みきれなかったりする傾向にあります。

矯正歯科でおこなわれている代表的な治療法

矯正歯科には以下のような治療法があります。

ブラケット

もっともオーソドックスな方法で、歯と歯をワイヤーで固定して力を加え矯正していきます。金属製のものから、透明なもの、歯の下側だけにつけて目立たなくするものなど、さまざまなタイプがあります。

また、表側矯正、裏側矯正などもあり、ブラケット装置をつける場所や方法により、治療期間や費用はいろいろなケースがあります。

金属ブラケット

金属ブラケットとはメタルブラケットとも呼ばれるスタンダードな表側矯正方法です。医療用のステンレスを用いた矯正法で、数あるブラケットの中でもっとも耐久性に優れています。強い力を加えても壊れる可能性が低いことから、奥歯などの矯正治療にも最適です。また、あまり目立たない臼歯にもよく使用されます。

強い圧力に耐えることができるため、咬合力・強制力による装置の破損があまり気になりません。0.1ミリ単位で細かく矯正することが可能なため、出っ歯・受け口・八重歯・乱杭歯・かみ合わせ・開口・すきっ歯など幅広い症状の矯正治療を精密に行なうことができます。

装置についた汚れもよく見えますので、清潔に保つことも簡単。装置をつけた2~3日後は、歯の移動が激しいため、強い痛みを伴います。矯正期間が2〜3年と比較的短期間で済むことも大きな特徴の一つです。

金属ブラケットは、もっとも主流で実績のある、信頼性の高い矯正治療はありますが、目立つのがデメリットです。一目で矯正していることがわかりますので、見た目を気にする人、人前に出る仕事についている人、人と接する機会の多い人などには敬遠されがち。近年では、目立たないように前歯の部分は、白いブラケットと表面を白くコーディングしたホワイトワイヤーを使用することもあるようです。

空手、ボクシング、レスリング、ラグビーなど激しいコンタクトスポーツをされる人は、装置によってスポーツの際に口の中を、怪我をする可能性もあります。運動時にマウスピースを使うなどの工夫が必要です。

最新の金属ブラケットには、歯の移動を早くするだけでなく、痛みを軽減するセルフライゲーションブラケットと呼ばれるものが普及しはじめています。従来の金属ブラケットは固定式のブラケットとワイヤーを使った矯正となり、ワイヤーと細いゴムを貼り付けなければいけませんでしたが、セルフライゲーションブラケットは、ブラケットのワイヤーを定期的に調節あるいは交換し、歯の移動を施します。

費用は他の矯正法と比較すると安く、35〜70万円程度。ブラケット治療法の中では最も低価格です金属素材のワイヤー素材から作られているため、金属アレルギーの人には適していません。

歯とブラケットの間に食べ物も挟まりやすいことに加えて、歯ブラシも難しいため、虫歯・歯周病になるリスクも高いです。

治療費を抑えて、短期間で美しい歯並びを手に入れたい人に向いています。

審美ブラケット

金属ブラケットと同様の表側ワイヤー矯正ですが、大きな違いは目立つ素材を使用しないこと。
白や透明の見えにくいワイヤー等を使用した矯正装置で審美性が高いことが特徴です。

素材はセラミックス、ジルコニア、プラスチック製等が一般的。
金属ブラケットと比較すると、違和感も少なくあまり目立ちません。
金属アレルギーがある人も安心して使えます。金属ブラケットと比較すると、耐久性は乏しく、費用は高め。

金属アレルギーがある人、予算に余裕がある人、見た目を気にする人に向いています。

【セラミック】

白みがかった半透明で、汚れによる変色や色素沈着がほとんどありません。装着も比較的簡単で、痛みも少ないのが特徴です。デメリットは、素材が弱いために欠けやすいこと。針金を固定するゴムが色の濃いカレーなどの食べ物で黄色く変色しやすいというデメリットもあります。

しかし、ゴムは使い捨てのため治療のたびに交換可能です。ゴムを使用せずに、着色しにくい結紮線等で固定することも可能です。装置をつけた2~3日後は、歯が強く動くため、歯根がうずくような痛みや上下の歯をかみ合わせたときの痛みに悩まされることも。頬や唇の内側に装置が触れることで、違和感・痛みを感じる人や、口内炎ができる人もなかにはいるようです。治療費は75〜100万程度となります。

【ジルコニア】

ブラケット素材にジルコニアを使用したもの。酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックスで、人工ダイヤモンドとしても有名です。ジルコニアは強度だけでなく、耐久性、耐食性、耐熱性が高いことも特徴です。

金属の1/3の軽さで、透明感ある陶器にも似た素材のため目立ちません。セラミック製よりも強度があり、見た目も美しく、表面も滑りやすい性質があります。そのため、歯の移動効率が良いため痛みも少ないのが特徴。汚れや細菌もつきにくいです。虫歯もできにくく、歯周病への心配も軽減されます。治療費は75〜100万程度です。

【プラスチック】

低価格であまり目立つことのないプラスチック製のブラケット。素材はポリカーボネート樹脂かポリアミド樹脂が一般的。透明感・光沢感があり、装着も目立ちません。強度と耐久性に欠けます。

プラスチック製のものは治療期間が長くなることが欠点でしたが、最近は見えないように工夫された金属レールを組み込むなどで、金属ブラケットと治療期間が変わらなくなってきています。60万~90万円程度。

従来のプラスチックブラケットにクリアスナップというキャップを被せたセルフリゲートシステムも注目を浴びています。歯の移動がスムーズになるよう摩擦を少なくし、さらに、色が変色しやすかったワイヤーに改良を加えたタイプです。60万~90万円程度です。

リンガルブラケット

ブラケットを使用した治療の一つに、リンガルブラケット(舌側矯正治療または裏側矯正)と呼ばれるものもあります。こちらは、マルチブラケット装置を歯の裏側に装着するタイプ。外側から矯正装置が見えないため、人前で笑うことが精神的に苦痛になるといったようなことがありません。

表側治療の場合は、ブラケットを接着する位置は目で確認しながら装着位置を決めます。歯の裏側である、いわゆる舌がある方の口内は複雑な形状です。そのため、舌側矯正では、セットアップモデルという模型作成が必須。
その模型を基にワイヤーが的確にまっすぐになるように緻密にシミュレーションします。

確実な矯正のためには、もっとも有効で正確な位置にブラケットを設置しなければいけません。そのためには「コア」と呼ばれる装置が必要となります。高さ、厚み、角度などをさまざまな観点を考慮して、歯科技工士が作成します。

コアを実際に歯に装着し、ブラケットを接着するというインダイレクトボンディングという作業が必要となります。

このコア作成やインダイレクトボンディング作業のために費用が高くなります。
表側ブラケットを装着している場合、ブラケットを取り除くまで口元の変化がはっきりと分かりにくいため、レントゲンでの確認が必要となることもありますが、リンガルブラケットの場合は、見た目で治療の状態を確認できます。

激しいスポーツをされている人は、唇の裏側や頬側を傷つけないようにマウスピースなどの装着が必要とされることもありますが、リンガルブラケットはその心配はありません。

従来のブラケットと比較すると歯の表側が虫歯になりにくく、裏側は唾液によって洗浄されやすいことから、表側矯正と比較すると虫歯になりにくいことが報告されています。慣れるまで話がしにくいために発音障害を伴うこともあります。

歯ブラシも、表側ブラケットと比較すると難しいかもしれません。磨き残しの確認などは、鏡を2つ使うなど手間がかかりますが、リンガルブラケットを使用者用に開発された歯ブラシなどを利用することで、綺麗に磨くことができます。

下の歯は上の歯と比較すると、矯正装置の装着が目立ちません。また、下の前歯の裏側は歯石がつきやすいことから、歯周病へのリスクが高まる可能性も。このため、あまり目立つことのない下の前歯は従来の表側矯正方法をとり、ハーフリンガルにして発音障害を軽減し、コストダウンを図る人もいます。

治療期間も金属ブラケットよりも長くなることが多く、定期的な通院の際の治療時間も長くなることが一般的です。

費用は他の矯正治療と比較すると高額です。症状により価格は左右しますが、リンガルブランケットは90〜150万円程度。ハーフリンガルは75万〜130万円程度です。

予算に余裕があり、矯正治療をしていることを秘密にしながら美しい歯並びになりたい人に向いています。

マウスピース

歯の移動距離が短い場合や、歯並びがそこまで悪くないときに使用されます。マウスピース型の矯正装置をつけて治療をおこないます。

リテーナー

矯正治療が終わった後に、歯が元通りになってしまうのを防ぐために用いられる治療法です。マウスピースと同じような取り外し式の矯正器具を使います。

PAGE TOP