枚方市近隣エリアの歯医者さんを徹底リサーチ!

HOME » 歯医者で治療を受ける前に覚えておきたいこと » 知っておいたほうが良い歯医者の予約方法

知っておいたほうが良い歯医者の予約方法

歯医者に行くなら事前予約が大切!

最近は、歯医者のポータルサイトなどで検索して、簡単に歯医者を探すことができるようになりました。そこで、自分に合った歯医者を見つけたら、事前に予約をしてから、行くようにしましょう。

もし、予約無しで歯医者に行くと、その日が既に埋まっている可能性もあります。歯医者は、基本予約が必要。事前に予約を取っておくと、歯の治療をスムーズに進めることができ、患者にとっても歯医者にとっても、メリットになります。では、歯医者の予約について確認してみましょう。

歯医者の事前予約の流れ

歯医者の予約をする場合、3日前から1週間前くらいがベストです。もちろん、数ヶ月前からの予約も可能ですが、忘れてしまうこともあるため、この日数が良いと言えます。事前予約の際は、下記の項目を伝えるようにしましょう。

歯医者の予約をする際に伝える事

  • 初診or再診
  • 名前
  • 症状
  • 希望する時間帯

予約は、電話でもできますが、今はネット予約を取り入れている歯医者もあります。各歯医者にあった予約方法で、予約を取るようにしましょう。

予約せずに治療を受けることはできるの?

予約をせずに診察を受けることは可能です。『完全予約制』の歯医者の場合では、事前予約が絶対に必要ですが、『急患対応可能』の看板を出している歯医者なら受け入れてくれます。もし、急患で歯医者に行く際は、保険証と財布は忘れないようにして下さい。

特に、保険証を忘れてしまうと10割負担になる他、薬が処方してもらえないこともあるので注意が必要です。また、急患でも直ぐに診察してもらえるとは限りません。予約が入っている場合、「後回しになることもある」ということを覚えておきましょう。さらに、このような予約なしの急患の場合、歯医者では応急処置になることが高く、治療するというより「痛みを抑える処置」になります。

完全予約制の歯医者では診察してもらえない?

歯医者の方針で、完全予約制となっているので、必ず予約が必要です。完全予約制の歯医者の場合、患者を待たせないように治療することを重視しています。そのため、予約なしでは治療を受けることができないのです。しかし、事前にちゃんと予約をすれば、治療を受けることができます。

急に歯が痛みだし詰め物が取れてしまった場合、すぐに治療したいと思います。急患として直接歯医者に行くことも可能ですが、できるだけ電話で確認を取って治療してもらえるかを確認してから歯医者に行くようにしましょう。

予約をしたけど行けなくなった!そんな場合はどうするの?

歯医者に行く予定で予約をしていたのに、当日や前日になって行けなくなった場合、キャンセルの連絡をしましょう。また、予約の時間に遅れそうな場合も、事前に連絡をいれるようにして下さい。連絡を遅刻する連絡を入れておかないと、後回しになってしまうことも考えられます。

キャンセルや遅刻の場合も、きちんと連絡することが大切です。

キャンセルの電話で伝えること

  • 名前
  • 予約した日時
  • 行けなくなった理由

当日のキャンセルはできるたけ避けるようにし、予約の日に歯医者に行けないと分かった時点で連絡するようにして下さい。また、キャンセルの電話の際に、予約日の変更も可能です。

遅刻の電話で伝えること

  • 名前
  • 予約した日時
  • どのくらい遅れそうなのか具体的な時間

5分程度の遅刻なのか、30分程度の遅刻なのか遅刻の度合いによって、診察の順番を変更したり、急患を入れたりと時間の調整をするため、どのくらい遅れるのかをしっかりと伝えるようにして下さい。

予約していた時間に行けなくなったからと言って、無断でキャンセルするのは、失礼です。歯医者側は、治療をスムーズに行うために、前もって色々準備してくれています。なので、キャンセルや遅刻の場合は、最低限のマナーとして、連絡を入れるということを忘れないようにして下さい。

予定の変更は仕方ないことです。キャンセルしないといけないと分かった時点で、早めに連絡するように心がけ、次回の診察の際に一言謝り、スムーズに治療を受けられるようにしましょう。

PAGE TOP