枚方市近隣エリアの歯医者さんを徹底リサーチ!

HOME » 歯医者で治療を受ける前に覚えておきたいこと » 歯周病とはどんな病気?その治療方法とかかる費用は?

歯周病とはどんな病気?その治療方法とかかる費用は?

歯周病とは?

歯周病のセルフチェック

  • 歯ぐきから血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯に隙間があり食べ物が良く挟まる
  • 朝起きると歯がネバネバしている
  • 歯肉が腫れている
  • 歯に違和感がある
  • 価格が安い場合

この中に一つでも合致する症状がある人は、歯周病かもしれません。また、複数当てはまる人は、歯周病の症状が進行しているかもしれません。歯医者に行って検査をしてみることをおすすめします。

歯周病とはどんな病気?

歯周病は、口内細菌によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の隙間の清掃が行き届いていないと、多くの細菌がそこに住み着いて歯肉が炎症を起こします。痛みはほとんどありませんが、赤くなったり腫れたりします。

歯周病が進行すると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉との境目が深くなり、歯を支える土台である歯槽骨(しそうこつ)が溶けて動くようになります。最後は歯が抜けてしまったり、抜歯をしなければならなくなったりします。

歯周病の原因とは?

歯周病の原因となるものは、普通に口の中にいる細菌です。口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいますが、普段は大人しくてほとんど何もしません。ところが、ブラッシングが充分でなかったり糖分を過剰摂取したりすると、細菌がネバネバの物質を作ります。これを歯垢と呼んでいます。

この歯垢は粘着性が高く、簡単に取れないのが特徴です。歯垢の中にたくさんの歯周病を引き起こす細菌が繁殖してしまうのです。歯垢は取り除かれないと硬化して、歯石となります。歯石になってしまうと、歯ブラシでは取れなくなり更に細菌が繁殖して毒素を出し続けるようになってしまいます。

その他、喫煙、ストレス、不規則な食生活などでも歯周病の原因となります。歯周病が生活習慣病に数えられるのはそのためです。また、歯ぎしりや噛みしめ、不適合な義歯などでも歯周病になることもあります。

歯周病の治療

歯周病は完治します!

以前、歯周病は不治の病と言われていました。医学の進歩により、歯周病は完治させることができるようになっています。進行を阻止し、歯の健康を取り戻すことが可能となっています。歯周病の原因となる「歯垢」を貯めないようにすることが、とても大切です。

歯周病の治療方法

始めに行うのが、歯垢の除去、歯石の除去、歯のかみ合わせの調整です。歯垢をプラークと呼び、歯垢の除去をプラークコントロールと言います。ほとんどが自ら自宅で行いますが、歯石の除去やブラッシングで取れない場合、歯医者で除去を行うこともあります。

歯垢の除去がブラッシングで難しい場合や、歯周病の進行がひどくなってしまった場合には外科的な治療を行います。手術は進行状況や、歯の状態によって方法が異なります。

日々のメンテナンスが大事

歯周病の予防や、進行の抑制、完治のためには、日々のプラークコントロールが必要です。そのためブラッシングの方法の指導や、的確に歯垢の除去ができているかを歯医者で行っています。歯垢の除去の他にも、原因となるストレスを軽減したり、食生活を見直したりすることも大事です。

治療費かかる費用は?

基本的な治療方法である、歯垢の除去は保険適用治療であり負担はとても軽いです。症状が悪化してくると、基本治療だけでは長期化するために外科的治療を行うことになります。外科手術は保険適応外となることもあり、その場合にはとても高額になります。

基本治療でかかる費用としては、検査や初診料などを合わせても1万~2万円ほどの負担になるでしょう。長期化すればするほど、費用は高くなりますので早期に治療することがおすすめです。

【参考】

PAGE TOP