枚方市近隣エリアの歯医者さんを徹底リサーチ!

HOME » 歯医者で治療を受ける前に覚えておきたいこと » 歯医者さんで麻酔を使った後は食事に注意すべし

歯医者さんで麻酔を使った後は食事に注意すべし

歯医者で使われる麻酔の種類と特徴、さらに麻酔状態のときに気をつけておきたい食事の注意事項をまとめています。

痛みから守ってくれる強い味方!麻酔について

歯医者で痛みが生じる治療を受けることになった場合、ほとんどのケースで麻酔が使用されます。

「痛みを感じなくさせる薬」という漠然したイメージがあるこの麻酔ですが、歯医者さんで使用される麻酔とは一体どのようなものなのでしょうか。

歯医者さんで使われる麻酔に関する情報を、いくつかの項目に分けて紹介します。

歯医者さんの麻酔は3種類!種類別に特徴をチェック

歯医者さんで使われる麻酔は、主に3種類あります。それぞれの名称や特徴は以下の通りです。

名称 投与の方法 特徴
表面麻酔 塗るタイプ 注射タイプの麻酔を打つ際に生じる痛みを緩和させるための麻酔です。注射する箇所に塗って使います。軟膏やゼリー状のものをガーゼに染み込ませて塗るタイプのものもあれば、粘膜に直接貼り付けるタイプのものもあります。
浸潤麻酔 注射するタイプ 歯医者さんの治療で使われる麻酔の中で、最も多く使われる種類の麻酔です。麻痺させたい部分に直接注射して使います。
伝達麻酔 注射するタイプ 主に麻酔の効きが悪い箇所の治療、例えば親知らずの抜歯や下の歯の奥歯を治療するときなどに使用します。効き目が強く、また効果も長時間続きます。浸潤麻酔が効きにくいと判断されたときなどに使われることが多いです。

特殊な麻酔

歯医者さんでの治療に強い不安感や恐怖感を抱いている方は、笑気吸入鎮静法や静脈内鎮静法などを申し込みましょう。

これらは特殊な麻酔を使った方法で、他の麻酔とは違い身体に効くのではなく、精神面に効果を与えるようになっています。

この2つの治療法の特徴を紹介します。

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法(しょうききゅうにゅうちんせいほう)は「笑気麻酔」と呼ばれる麻酔を使った治療法です。

主に歯医者さんで無痛治療を希望した場合や無痛分娩(むつうぶんべん)を希望した妊婦さんなどが受ける傾向にあります。

笑気麻酔には、不安や緊張を緩和させ心身をリラックスさせる効果があります。

またその作用により、極度の緊張やストレスで心拍数や血圧が上がり持病(高血圧や不整脈等)に悪影響が及ぶのを防止する、というメリットも得られます。

「笑気」とありますが、ゲラゲラ笑い続けるような感じにはならず、ゆったりとした温かい感覚・状態に陥るようになります。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法(せいみゃくないちんせいほう)は、鎮静剤を点滴で静脈内に注入する麻酔法です。これにより、痛みから来る不安や緊張がない状態で治療に臨むことができます。

主に、親知らずの抜歯やインプラントなど、一般的に不安感や恐怖感を抱えやすいとされる治療法で使われることが多いです。

点滴で使われる鎮静剤には健忘効果があるので、治療後は手術の内容や感じた痛みなどをほとんど覚えていない状態になっています。

歯医者さんで受ける治療は、内容によって保険診療が適用されないものがあります。保険診療は適用対象となりますが、静脈内鎮静法に関しては「一部保険適用可能」となっています。

保険の適用の有無は歯医者さんによって違ってくるので、事前に問い合わせておきましょう。

麻酔を使った治療の後に気をつけるべきこと

歯医者さんで治療を受けた際に麻酔を使用した場合は、いくつかの注意点を守らなければなりません。

まず麻酔の持続時間についてですが、これは麻酔の種類によって変わってきます。浸潤麻酔の場合治療後1~3時間、伝達麻酔の場合治療後3~6時間くらい続きます。

効果が続いている間は、その箇所を中心に麻痺状態にあります。この状態にある場合は、温度差の激しい食べ物を食べたり入浴や激しい運動によって血行を良くしたりするのは控えるようにしましょう。

高温の食べ物や飲み物で口の中を火傷させたり、血行良くなることで治療をした箇所から血がたくさん出てきたりする恐れがあります。

食事には特に注意すべし

麻酔を打った後は、特に食事に注意するようにしましょう。麻酔が効いている状態で食事をしたとき、唇を噛んだり頬の内側を噛んだりしても気付かない恐れがあるからです。

また、揚げたての唐揚げや熱いスープを口にすれば火傷をしてしまう恐れもあります。

これらのことから、麻酔がまだ効いていると感じる時間帯に食事を取るときは、柔らかいものを中心に食べ、かつ高温の食べ物もしくは飲み物を避けるようにすればトラブルを回避することができます。

ちなみに、トラブルというレベルではありませんが、伝達麻酔の効果が効いているときは口からものがこぼれやすくなってしまいます。

なるべく飲み物、特に色付きのものは控えるようにしましょう。

PAGE TOP