枚方市近隣エリアの歯医者さんを徹底リサーチ!

HOME » 歯医者で治療を受ける前に覚えておきたいこと

歯医者で治療を受ける前に覚えておきたいこと

歯医者には種類がたくさん!

一口に歯医者と言っても、歯医者にはたくさんの種類があります。しかし、歯医者に必要な免許は、1つしかありません。つまり、専門歯医者は、その分野の治療が得意ということになります。なので、通院する目的に合った歯医者を選ぶことが大切です。では、どのような歯医者があるのか、確認してみましょう。

歯医者の種類と治療内容

一般歯科

虫歯や歯周病の治療を専門としていて、虫歯を取り除き詰め物をしたり、歯の神経の治療をしたりと一般的な歯医者の治療を行っています。入れ歯やブリッジなどの補綴治療も一般歯科です。

小児歯科

0歳から15歳程度までの子供の歯を専門にしている歯医者です。小児歯科は、虫歯の治療だけではなく、ブラッシングの指導や定期検査なども行っており、子供の成長に合わせてオーラルケアをしてくれます。

矯正歯科

歯並びや噛み合わせを綺麗に整えてくれる専門の歯医者です。ブラケット治療やマウスピースなどの調整器具を用いて、綺麗な噛み合わせになるように歯並びを調整してくれます。

口腔外科

虫歯や歯周病以外の口腔疾患が専門の歯医者で、顎や顔など、周辺の組織に出る先天性・後天性の疾患も扱っています。また、外科的疾患(顎変形症や唾液腺疾患)や内科的疾患(口腔粘膜疾患や神経性疾患、口臭症)など治療も含まれます。

審美歯科

ホワイトニングやインプラントなど歯の審美を取り戻す治療をしてくれる歯医者です。審美歯科は、見た目の美しさと、歯としての役割・機能を重視した治療が行えます。

上記のことを踏まえ、歯医者を選ぶ時は「どういう目的で通院するのか」を明確にし、自分の目的に合った歯医者を選ぶようにしましょう。

歯医者を受診する際に必要になる物

歯医者を受診する場合、どのような物を持っていけば良いのでしょうか?実際に必要になる持ち物を紹介していきます。

持ち物リスト

必ず必要な持ち物

  • 保険証
  • 財布
  • ハンカチorタオル

該当する場合のみ必要になる持ち物

  • お薬手帳(服用している薬がある・他の診療科に通っている場合)
  • 入れ歯や詰め物
  • 保険証の他に公費医療(乳幼児医療・母子家庭など)の受給者証
  • 他の病院からの紹介状

持っていくと便利な持ち物

  • 本orマンガ
  • ミュージックプレイヤー


歯医者では、予約していても待ち時間が発生する場合が多いです。時間を潰せる物を持っていくと良いですよ!

歯医者に行く前に知っておきたいマナー

歯医者では、受診する際の最低限のマナーがあります。歯医者さんと、患者という関係の前に、「人として当たり前のマナー」なので、しっかりと覚えて気持ちよく治療が受けられるようにしましょう。

歯医者を受診するマナー

予約した時間は、しっかりと守る・キャンセルする際は連絡する

歯医者は、完全予約で行っている場合がほとんどです。そのため、予約してある時間には他の患者さんが来ないようになっています。また、遅刻してしまうと、治療が時間内に終わらず、その後の患者さんに迷惑をかけてしまう可能性もあるので、「予約時間はきちんと守る」ということを心がけましょう。また、同じような理由で、歯医者をキャンセルする際は、早めに連絡するようにして下さい。

診察の前には歯磨きをする

歯磨きをしないで歯医者に行ってしまうと、治療前に歯を清潔にすることから始めなくてはいけません。そのため、予定していた治療内容が時間内に終わらない可能性があります。また、一般的なマナーの面から考えても、歯磨きをしてから歯医者に行くようにしましょう。

口紅は落としておく

口紅をしていくと、治療に使う器具や手袋に口紅が付くため、作業しにくくなってしまいます。また、治療後、口紅が顔のあちこちに広がってしまう可能性も考えられるので、歯医者の前には口紅を落とすようにして下さい。

上記は、最低限のマナーです。きちんとマナーを守り、気持ちよく治療ができるようにしましょう。

PAGE TOP