枚方市近隣エリアの歯医者さんを徹底リサーチ!

HOME » 枚方で歯科治療をするなら知っておきたい基礎知識 » 金属アレルギーの人が歯科治療で気を付けること!

金属アレルギーの人が歯科治療で気を付けること!

金属アレルギーとは

まず金属アレルギーがおこる理由やその症状について解説します。

金属アレルギーを起こすメカニズム

金属アレルギーは、特定の金属に対する過剰な免疫反応のことです。金属がイオン化して人が本来持つたんぱく質と結合することで、そのたんぱく質がアレルゲンとなります。金属がイオン化しなければアレルギー反応を起こさないので、イオン化しやすい金属ほどアレルギー反応を起こしやすいです。

代表的な金属は、ニッケル、コバルト、クロムなどがあります。一方、装飾品として使われやすい、金や銀はアレルギーを起こしにくい金属です。最近よく利用されるチタンも、イオン化しにくい物質でアレルギーを起こしにくい金属です。

金属アレルギーの症状

金属アレルギーは、その金属が触れている部分が炎症を起こします。具体的には、皮膚炎としてかゆみが発生したり、湿疹が発生したり、皮膚がただれたりします。金属イオンが血液に流れたりすれば、全身にかゆみが発生したり湿疹が発生することもあります。

皮膚炎だけではなく、頭痛やめまい、肩こり、集中力が低下している、物忘れが激しくなった、などの症状を起こすこともあります。他のアレルギーがひどくなるということもあります。何となく体調が良くないのも、アレルギーが原因の可能性もあります。

銀歯によるアレルギーの可能性

銀歯によるアレルギーの可能性について説明します。詰め物としてよく利用される銀ですが、銀自体は金属イオン化しにくく安定した物質です。そのため一般的にはアレルギーを起こしにくいとされています。

しかしながら、銀歯は食事などでものを噛んで損傷したり唾液による腐食が発生したりしやすいです。腐食や損傷があると、錆が発生してイオン化しやすい状況になります。そのため、イオン化しにくい銀であってもアレルギーを引き起こす可能性があります。

また、銀歯は銀だけではなく、様々な金属を合わせた合金であることが多いです。各金属の含有量はメーカーなどによって微妙に違っています。そのために金属アレルギーの症状が出た場合、どの金属がアレルギーを引き起こしているのかを探す必要があります。

金属アレルギーと歯科治療

歯科治療によって金属アレルギーを発症した場合、口の中に炎症を起こすだけとは限りません。全身にかゆみを発生させたり、湿疹ができたりすることもあります。そのために歯が原因だと、気が付きにくいという点があります。

金属アレルギーを発症した場合には、その金属を排除しなければなりません。そのため、一旦かぶせモノを除去して経過観察をします。アレルギーの症状が改善されてきたところで、歯科治療を再開します。

アレルギーを持っている人が治療を行う場合には、アレルギーにならない金属を使用するか、非金属で対応をします。金属アレルギーがある人は、歯医者にかかる際に事前に自分のアレルギーについて伝えておくのが良いでしょう。

アレルギーになりにくい物質を使う治療方法

金属アレルギーを起こしにくい金属を使うことで治療をする方法があります。生体親和性の高い金属として金やチタンが該当します。金は、詰め物として使ってもアレルギーを起こしにくい物質なので問題はありません。

一時は、高級感もあり金歯にすることが好まれてもいました。しかし今は保険適応されないことや審美性が高くないこともありあまり利用されていません。

チタンは金属の中でも、最も親和性が高いと言われています。人工骨、義足や義手などに利用されていて、医療機器として広く使われています。歯の治療にも利用されていますが、装美性はそれほど高くはありません。

金属を使わない治療方法

非金属をつかって治療する方法もあります。

レジン

レジンは歯科用のプラスチックで、保険適用されるので広く使われています。見栄えが良いとはいえないものの、銀歯よりも目立たないのと非金属であることから、多くの歯医者で使われるようになっています。

セラミック

セラミックは陶器が素材です。天然の歯と変わらない美しさを持っていて、装美性からセラミックを利用する人も増えています。保険が適用されないので、費用が高額になることがデメリットです。詰め物としても優秀で、プラークが付きにくく虫歯や歯周病の予防にもなります。

PAGE TOP