枚方市近隣エリアの歯医者さんを徹底リサーチ!

HOME » 枚方で歯科治療をするなら知っておきたい基礎知識

枚方で歯科治療をするなら知っておきたい基礎知識

母子の歯の健康を守るマタニティメンテナンス【枚方市】

妊娠をすると妊娠前に比べて体の中には様々な変化が起きます。そのうちの一つが、歯周病に関することです。

妊婦が歯周病にかかっている場合、それが原因になって早産や流産といったリスクが発生するといわれています。そのため、できる限り妊娠前にお口の中のトラブルは改善しておきたいですね。

実は、妊娠中は歯周病になったり、もともと歯周病だったのが悪化しやすい時期だともいえます。特に、つわりによってろくに歯磨きができなくなることもあるでしょう。すると、口の中が不衛生な状態になりやすく、歯周病が一気に悪化してしまうリスクがあります。

また、妊娠中はホルモンバランスが大きく変化することもあり、これも関係していると言われているのです。つわりやホルモンバランスの変化は自分で何とかできるものではないので、歯周病の悪化を防ぐためにも口腔ケアに力を入れてみましょう。

もちろん、歯周病対策だけでなく、虫歯治療も大切です。妊娠中はできる治療内容も限られてきますが、全く治療ができないわけではありません。妊娠中でも可能な治療について相談してみてはどうでしょうか。

こちらのページでは妊娠中に注意しておきたい歯周病や虫歯についてご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

母子の歯の健康を守るマタニティメンテナンス【枚方市】

金属アレルギーの人が歯科治療で気を付けること!

金属アレルギーと歯科治療は全く関係がないように思うかもしれませんが、実はよく確認しておかなければならない部分でもあります。金属アレルギーとは、特定の金属に対して過剰な免疫反応が起きてアレルギー反応を起こすことを言うのですが、虫歯治療では銀などの金属を使いますよね。

もともと銀は、安定した物質であるため金属アレルギーを起こす心配は高くないと言われているのですが、銀歯として取り入れる場合、口の中にあるため唾液によって腐食したり、噛んで欠けてしまう可能性もあります。欠けた銀や溶けた銀を飲み込んでしまえば、アレルギー反応を引き起こす心配もあるのです。

万が一、銀歯などが原因と思われる金属アレルギーが発生した場合、詰め物を取り除かなければありません。もし、アレルギーを持っている場合は自分のアレルギーについて伝えておくとこういった心配も少なくなるでしょう。

金属アレルギーの方は詰め物の治療ができないのか?というとそうではなく、アレルギー反応を起こしにくい物質を使った治療が可能です。例えば、チタンなどは医療機器として使われることも多く、歯の治療にも活用されています。

他にも使える金属類はありますし、金属自体を使わない治療方法などもあるので、こちらで詳細を確認してみてください。

金属アレルギーの人が歯科治療で気を付けること!

50代以上からの歯のメンテナンス

年をとると体は様々な変化をしますが、口の中の状況も変わってきます。そのため、50代を過ぎたらそれまで以上に歯のメンテナンスに力を入れるようにしましょう。まずは、歯科検診から始めてみてはどうでしょうか。

自分自身では気づけない虫歯や歯周病のリスクを早期に発見することにもつながります。40代以降は2人に1人が歯を失っているとまで言われているので、いつまでも健康的な状態を維持するためにもトラブルがあれば早期に治療をし、泌尿科の状態が保てるようにしましょう。

また、歯周病についても注意が必要です。歯周病は虫歯以上に歯を失う原因にもなるので、60代、70代になったときに1本でも多く自分の歯を残したいと思っている方は早期での口腔ケアに力を入れておくことが重要だといえるでしょう。

それから、50代以降になると持病の薬を飲む方も増えますが、歯科医院でなにか薬を処方された場合には、自分が普段飲んでいる薬との相性についても考えなければなりません。特に問題はないだろうと素人が自己判断することはできないので、必ず医師に相談をしましょう。具体的に気をつけておきたいことや、50代以降のお口のトラブルについてご紹介します。

50代以上からの歯のメンテナンス

PAGE TOP